弁護士に相談する

内容証明は、更に、売掛金を回収出来ない人たちがどの程度本気かということを伝えるいい機会と捉えることが出来ます。相手に売掛金を支払いしなさいというプレッシャーをかけるためにも、内容証明はいい方法として考えることが出来ます。

それでも売掛金は回収出来ないかもしれません。そのようなとき、代物弁済という手段もあります。それは、代金のかわりに、商品などで支払ってもらうという方法です。代物弁済は、物に限らず債権でも可能です。

そして、裁判も方法であり、民事調停や、支払督促、少額訴訟、民事訴訟などの方法を考えることが出来ます。

売掛金のトラブルって、起こらないものではなくて、当然に起こるものと考えるべきです。そのようなトラブルが起こったとき、あなたは、慌てず対処することが出来るでしょうか。そこにこそ経営者としての資質があるのかもしれません。

トラブルは、放置しておけばどんどん大きくなってしまうものかもしれません。トラブルが大きくなる前に、弁護士に相談するモチベーションを持ってみてはいかがでしょうか。普段から企業の相談を多く受けている弁護士だから、いろいろなノウハウを持ち、トラブルで困っているあなたに、いろいろな提案をしてくれます。