話し合いで解決しない

売掛金は、すんなり回収出来るものと企業のみなさんも期待したいものです。取り敢えずは、すんなり回収出来ることを想定して、改めて請求書を送る、更に、よく話し合うことによって、解決の糸口があるのか模索をしてみましょう。

そのような方法によって、相手が代金を支払ってくれない訳ではありません。何も100%裁判持ち込みという訳ではありません。デメリットがあれば、デメリットを避けるモチベーションも大事なことです。相手は相手で、自覚をもって支払いが遅れている訳ですから、何らかの事情は存在しているはずです。

ちょっと強く言えば、回収出来るというケースもあるかもしれませんが、相手との関係によっては、強く言えないケースも出てくるのではないでしょうか。そのようなとき、一番いい方法は、やっぱり弁護士に相談をもちかけることです。

弁護士に話し合いをしてもらうのも方法の一つとして考えてみましょう。話し合いで解決に至らない場合、内容証明郵便での督促という選択をします。内容証明郵便が、いつ、どのような内容の文書を、誰が、誰宛てに出したかを証明してくれます。このような方法によって、あとあと、裁判になってしまった時の証拠とすることが出来ます。